朝7:15にツアー会社に集合と言うことで、モーニングを食べることもできず、早々とチェックアウトしてお店に行きました。
さすが日本のお店だけあって、ツアー参加者はみなさん日本人(^_^;)

ここから3時間程かけてモンサンミッシェルへバスで移動。

途中、野うさぎが巣穴を作っている所を通ったんだけど、すっごくかわいかった!!
シャッター切る時間もなく通りすぎたのが残念。

そうこうしてると、モンサンミッシェルが!!

P1030445.jpg

すごく離れているのに、もう見えるのがすごい。
と言うか、周りに何もない。

P1030448.jpg

ついに到着~。
周りにはバスがいっぱいあるけど、日本人ばかりな気が.....

到着後、まずお昼ごはんを食べました。
まったく見ず知らずの人と囲むテーブルは、何ともぎこちなかった(^_^;)

名称未設定-1

モンサンミッシェルと言えば、このオムレツです。
お味は....薄いけど、思ったよりイケました+。*d('∀`)b*。+
胃がもたれていたから、ちょうどよかったのかも。

この後中を観光するんですが、ツアーのお姉さんが一生懸命説明している中、無我夢中で写真を撮る私達。
そのため、どこがどうとかうろ覚え。
今回つくづく思ったが、私達にはツアーは向いていない(笑)

取り合えず、夢中で撮った写真をご紹介♪

P1030489.jpg

P1030530.jpg

P1030533.jpg

野外学習がモンサンミッシェルなんて、贅沢~
日本人が珍しいのか、チラチラこちらを見てた。

P1030547.jpg

IMG_1197.jpg

ミカエル様が悪い怪獣をやっつけてます。

IMG_1208.jpg

着いた頃は水がまったくなかったのに、建物を出た頃には少しづつ増えてきました。

IMG_1224.jpg

周りの家はとてもかわいい作りでした。

IMG_1238.jpg

この屋根とかたまらん(*^艸^)

P1030492.jpg

IMG_1240.jpg

お土産屋さんとレストランがずらり。

IMG_1248_20120316233627.jpg

さっ、ここを降りたら、モンサンミッシェル探索は終了です。

この後、お土産にポストカードとお塩を買って、本日泊まるホテルに移動。
私達はここでツアーから離脱しました。

ホテルは、モンサンミッシェルから歩いて30分の所にあるルレサンミッシェルです。

1_20120316234232.jpg

今回旅行中に泊まったホテルの中では、一番広かったです。

バルコニーから、モンサンミッシェルが見える!!はずだったんですが、天気が悪くてよく見えず.....
でも夜はライトアップが見れました。

朝モーニングの部屋でもモンサンミッシェルが見れますよ♪

モンサンミッシェルで買ったサンドイッチをたいらげたら、ライトアップのモンサンミッシェルにLet’Go!!

P1030585.jpg

昼間の顔とは別の顔のモンサンミッシェル。
すごくきれいに撮れましたキャッキャッ

これが見たくて泊まったの~♪

本当に素晴らしかったです。
帰る最中も、振り返るとこのモンサンミッシェルがずっと見えるの。

明日は、ユーロスターに乗ってパリに戻ります。
あっそうそう、レンヌ駅までバスが通ってるんですが、私達が泊まったホテルの近くにスーパーがあったんですが、その向かいにバス停があります。
2種類のバスが止まるので、必ずレンヌ行きのバスに乗って下さいね。

ネットで調べると詳しく書いてくれている方がいらっしゃるので検索してみて下さい。

ではでは、続きはまた今度。

犬のキャリーバッグ屋さん
Sweet Happy めいみでした。
スポンサーサイト
イタリア&パリ旅行 | コメント(0) | トラックバック(1)
こんにちは。
犬のキャリーバッグ屋さん『Sweet Happy』 めいみです。

やばい、旅行してからだいぶ間が空いて、所々忘れかけている.....
まだ3日目までしか書いていないのに。

完成したバッグのUPと、制作に忙しくて書く暇がないの ダッテ‐
....と自分に言い訳していたら、いい加減書きなさいとお尻を叩かれた スミマセン

さて、前回の続き、マレ地区探索の後は、歩いてサン・ジェルマン・デ・プレ地区まで移動。

IMG_1114.jpg

セーヌ川沿いに歩いていたら、ノートルダムを発見。

RIMG0052.jpg

素敵すぎます
もうね、真っ暗の中、真っ白の建物があれば誰だって立ち止まりますよ
もうすぐレストランの予約時間なのに、時間を忘れて写真撮りまくる二人(笑)

本当はね、昼間に来て中に入りたかったんですが、昼間の飛行機のせいで夜しか来れず。
まーこんなにきれいなノートルダム見れたしいいか♪とあまり美術的なことには疎い二人は、この外観見れただけで満足したわけです。

歩き疲れたし、時間は無いしで、結局メトロに載ってお店に移動しました。

目的地はここ、レピデュパン(L'EPI DUPIN)
RIMG0086.jpg

レピデュパン(L'EPI DUPIN)
11 RUE DUPIN
F - 75006 PARIS
Tel: +33 (0)1 42 22 64 56
http://www.epidupin.com/fr/index.php

外国のお店を紹介しているFIGAROに掲載されているんですが、日本語がしゃべれる店員がいて、ビストロでもお手頃の価格で食べられると有名みたいです。
ツアー会社の店長さんに勧められて行ってきたんですが、本当においしかったです。

あっちなみにこのお店、予約しないとすぐ満員になるそうなので、出発1ヶ月程前に予約しました。
もちろんフランス語でがんばって変換して送りましたよ。
いやー、絶対変な文法だったと思うんだけど、なんとか通じました(笑)


私達は、前菜+メイン+デザートコース(36ユーロ)にドリンクを注文。

RIMG0071.jpg

前菜の前の冷静スープとアップルジュース。

RIMG0073.jpg

レモンムースの前菜で、すごくおいしかったです。

RIMG0074.jpg

ダーさんが頼んだサーモンの前菜もGood!

胃もたれしている二人にはこれがちょうどいいねーとか言っていたら、すごいのが出てきました。

RIMG0079_20120205123327.jpg

メインの子牛料理。
これがおいしいのに、胃が気持ち悪くて口に入れると出したくなる....
ダーさん死にそうな顔してました(^_^;)
本当、レストランが最終日だったらよかったのに

RIMG0077_20120205123327.jpg

こちらはメインのカモ料理。
これはすっごくおいしくて、2人で分け合って完食。
胃もたれしてても鳥だから平気だったのかしら?

次はお楽しみのデザート♪
フランスのデザートはきっとおいしいはずと思っていたら、すごいのが出てきた。

RIMG0082.jpg

名前忘れたんですが、これ全てお酒に浸ってます。
多分ワインだと思うんですが、ダーさんリタイア。
もちろん下戸の私は一口食べて撃沈

RIMG0080_20120205123327.jpg

私はカリンのタルトのアイス添えを注文したんですが、カリンおいしくない....アイス甘すぎ。
タルト部分だけ食べました。

ん~私的にはまた来たいお店でしたが、ダーさんはもう行きたくないそうな。

日本語が通じるお店ってだけでもポイント高いし、お料理もおいしいので、パリに旅行される方は一度行ってみる価値有りですよ(^-^)

帰りにオペラ駅で降りたら、ドドーンと待ち構えていたのがこちら。

オペラ・ガルニエ
RIMG0091.jpg

ここも昼間と違う顔を見せてました。
ヨーロッパは昼間見るより、ライトアップされている方がキレイですね。

この日は歩き疲れたのでホテルに戻って爆睡でした。
明日はモンサンミッシェルのツアーに参加します~。

イタリア&パリ旅行 | コメント(0) | トラックバック(0)
大変お待たせしました。
前回からだいぶ間が開きましたが、旅行の続きを書きますね(^▽^)/



ついにイタリアともお別れの日。

ホテルから空港まで手配してあるタクシーに乗り、ホテルを後にした私たち。

この時はフランスに心をときめかせ、ルンルンでした。
空港に着くまでは......


マルペンサ空港に到着。
だけど、私達はリナーテ空港に行くはず????

そう、ドライバーが間違えたんです ギョエー

すぐさま航空チケット会社の緊急連絡先に電話し、次のチケットが取れるか調べてもらっている間に、私達はリナーテ空港に移動

ドライバーは、前もって行き先を会社から指示されているのに、違う場所に私達を連れて行ってしまったようです。

乗るはずだった飛行機にはもう乗れず、新しく航空券を発券しました。
一応個人旅行ですが、オリジナルツアーのため、保証が効き新しく購入したチケットは全額返済してもらえましたが、1時間半程のロス。

しかも、免税店による時間はまったく無く、走って乗り口まで走っていきました。
とんだ災難でしたが、なんとか1便次のチケットが取れただけ運がよかったです。

気を取り直していざ、フランスへ

RIMG0032_20120102162234.jpg

IMG_1464.jpg

パリの街並みを見て息を飲みました。
全ての建物が彫刻のように美しく、窓枠に美しい鉄格子が施されていて、本当に素敵でした。
思わず「私パリ好き」と言ってしまったほど。

パリのホテルは狭くて設備が古いと聞いていたので、ツアー会社が用意したホテルではなく、自分で決めたホテルに変更してもらいました。
オペラ座から歩いて5分と言う最高の立地条件です♪

【パリ・オペラ・ド・ノアイユ】
RIMG0007_20120104153156.jpg

RIMG0012_20111215180528.jpg

RIMG0010.jpg

RIMG0005_20111215180528.jpg

狭いけど、モダンな作りできれいです。

時間がないので、荷物を置いてすぐさまマレ地区へGO
マレ地区と言えば、ファッション&雑貨店がいっぱいで、素敵な街らしい。
心弾ませ、下調べしたお店へ行って来ました。

【オ・プチ・ボヌール・ラ・シャンス】
RIMG0021.jpg

RIMG0019_20120104154413.jpg

RIMG0020.jpg

すっごくかわいいお店で、小さい商品がいっぱい
でもどれに手を付けていいかわからず、結局何も買えなかった(^_^;)

【EW(ウー・ドゥブルfヴェー)】RIMG0028.jpg

このお店は、さっきのお店を少し大人っぽくした感じ。
こちらもオシャレでかわいいけど、お値段が....
アンティーク雑貨は、本場でも高いみたいです。

RIMG0030.jpg

すぐ近くの鍵屋さん。
どれも美しい

この通りにお店がいっぱいあると思っていたのに、ほとんど閉まっていて、あっと言う間に探索終了。

この後、サンポール駅近くの犬服店に行ったんだけど、見つからなかった

歩き疲れたけど、カフェに入る勇気もなく、すごく歩き回ってました。
今思うとこの日が旅行中最高に歩いた日。

ウロウロしてる時に、フラン・プルジョワ通りを見つけ、ウィンドーショッピングを楽しんでいると、古本屋を発見

無我夢中で、動物が載ったオシャレな本を探したんだけど、あまりなかった。
でもでも、子供の絵本で写真も入れられる大きな本が新品で8ユーロだったので、思わずお買い上げ。
元は16ユーロだから、お買い得かな?
外のワゴンには小さいけど、とってもかわいい本もあり、こちらは2ユーロだったので即買いです。

IMG_7400.jpg

気づいたら日が暮れて来たので(11月下旬で5時くらいにはもう暗い)急いで今日予約したレストランに移動しました。

この続きはまた今度(^-^)

犬のキャリーバッグ屋さん
『Sweet Happy』 めいみでした。
イタリア&パリ旅行 | コメント(0) | トラックバック(0)
ミラノからFidenza(フィデンツァ)のアウトレットまで車で1時間半程郊外に出ます。

この日は日曜だったので、どこのお店も閉まってるんですねー。
ショッピング街がほぼ閉まっててびっくり。

どこも閉まってるねーと歩いている時、かわいい子供達が歌いながら撮影してました。

P1030425.jpg

何かの雑誌の撮影かな?
外国の子供は本当かわいい

唯一開いていたチョコレート屋さんに念願のチョコを購入。

P1030412.jpg

こうゆう小さいお店の方がおいしいんだって。

P1030408.jpg

お味は.....これは後日お話するとして、アウトレット前に腹ごしらえと言うことで、ランチを食べに行きました。

P1030427.jpg

この日は、Fちゃんの相棒「スーさん」も一緒。
(悲しいことに、スーさんの写真がないことに気づく

イタリアでは犬は大抵どこでも入れるみたいで、もちろんレストランにも同行。
地下鉄にも盲導犬と同じように普通に歩かせて乗せることができるんです。
日本とは大違いですね。

名称未設定-2

もちろんここでもハムはかかせません。
キッシュがすっごくおいしかったです。

名称未設定-3

トリュフ料理と、Fちゃんが頼んだパスタ。

名称未設定-1

子牛の煮込んだ料理は、すっごく美味しかった
右のはきのこの料理だったんだけど、すごく椎茸のような味がしました。
日本料理を思い出す(*^艸^)

腹ごしらえをした所で、念願のアウトレットへ移動。

P1030443.jpg

きれいな建物がいっぱいです。

さてさて、ダーさんがずっと欲しがっていたDUVETICA(ドュベティカ)のお店へまっしぐら。

アウトレットって、安いからすぐ売り切れちゃうじゃないですか?
ダーさんが狙っていたデザインも品数少なくて、5着くらいしかなかった。
そんな中、サイズぴったりで気に入る色のダウンがあったから即買いしてました。

たしか280ユーロくらいだったかな?
今とってもユーロ安なので、日本円で約3万円くらい。

そこで、すっかり忘れていたことが一つ。
あまりのうれしさにダーさんは免税手続きをすっかり忘れていたんですねー。
これはパリに移動した時に気付いた

12%引きなので、3700円くらい戻ってきたのにもったいない。

私は、好きなブランドがなかったので、クリスマスツリーの飾りと、トルソーを購入。

4_20111212183919.jpg

5_20111212184725.jpg

アウトレットには、すごくおいしいココア屋さんがあって、そこで冷えた体を温めました。

ココアを飲んで思ったんですが、日本のココアってミルクたっぷりですごく甘いですよね。
イタリアのココアは、チョコを溶かしただけの原液みたいなココアで、日本より甘くないんです。
上品ですごくおいしかったです。
ただ、すっごくお腹いっぱいになるので、全部飲めなかったー

夜ごはんは念願のピザを食べようと言うことになり、ルンルンでミラノに向け出発。

ん?なんだかダーさんの様子がおかしい。
酔ったみたいで、とってもつらそう。

これからスーパーにも行くのに、ダーさんの体調を考え、ホテルに帰ることにしたんですが、この後恐ろしいことに.....

さっきまでお腹いっぱいだったけど、なんとかピザは入るくらい空いていたお腹が、なんだかパンパンになってきた。
しかもなんか気持ち悪い....かも....???

はい、そうなんです。
私めっちゃ酔ってしまったんです。

前日は5時間くらいしか寝てない&疲れているのに加え、さっき飲んだチョコやコーヒー、後多分お肉に胃がやられてしまったんです。

本当この後は悲惨で、Fちゃんにはすごくご迷惑をおかけしました。
本当ごめんねー

海外行ったら日本食食べたくなると言う話は聞いていましたが、せっかくの海外で日本食なんてと思ってましたが、2日で胃がやられるとは思ってもいなかった。

胃は強い方だと思ってたのに、自分が一番びっくり。

みなさん、ご注意を(笑)

明日はパリに移動なので、と言うか気持ち悪過ぎて9時に就寝。


犬のキャリーバッグ屋さん

Sweet Happy めいみでした。


イタリア&パリ旅行 | コメント(0) | トラックバック(0)

11月20日~ドゥオーモ~

2011/12/05 Mon 11:48

11月20日、朝8時頃ドゥオーモへ出発。

まず、ホテルから1分の所にある、ミラノ中央駅。

P1030250.jpg

写真だとちょっとわかりづらいですが、この駅だけでもすごい彫刻で、圧巻。

スリに怯えながら自分達だけでがんばって地下鉄に乗りました。
前日にFちゃんに駅を教えてもらっていたので、なんなく到着。

地下鉄出たら、なんと.....

P1030253.jpg

ドドーン

地上出た瞬間2人でびっくり。

もう写真撮りまくりですよ。
朝早いので、人はあまりいなかったんですが、「写真撮ってあげるよ」と明らかに怪しい人が寄って来たので、注意が必要です。

早速中を見学(見学は無料)

P1030285.jpg

IMG_1084.jpg

P1030301.jpg

外もすごいが、中はもっとすごい
もうね、言葉が出ませんでした。

こんな精巧な彫刻に見つめられたら、悪いこともできません。

やっぱりここまで来たら頂上まで登りたいですよね♪
嫌がるダーさんを連れエレベーターで頂上まで登りました。

チケットは、ドゥオーモを前にして2時の位置にある別の建物にあります。
エレベーターは10時の位置にあります。
チケット買う場所がわからずけっこう困りました。

探している間にダーさんは、サッカーグッズショップをジッと眺めてた。

P1030314.jpg

うふふ、横にいる子供と身長があまり変わらず(笑)

P1030340.jpg

一番上は工事中でした。

P1030355.jpg

ダーさん:「なんでイタリア人はこんな高いさきっちょに人を乗せるんだ?」と不満混じりに言ってました。

めいみ:「(^_^;)」

ダーさんは高い所が苦手なので、こんな素敵な景色を見てません(笑)

でも、本当さきっちょに人がいっぱい乗ってました。
それほどまでに、神様に近い場所に昇りたかったんでしょうね。

さて、そろそろダーさんがかわいそうなので、地上に降り隣のガレリアに移動。

P1030367.jpg

P1030368.jpg

噂の雄牛のモザイク画です。
急所にかかとを付けて3回転すると願いが叶うとか。
もちろんやりましたよ(^皿^)v

P1030385.jpg

旧型のトラムを発見
めっちゃかわいかった

この後、Fちゃんと合流して、FIDENZAアウトレットへ移動。

今回の第二の目的、DUVETICA(ドゥヴェティカ)のダウンを求めLet's GO


犬のキャリーバッグ屋さん
Sweet Happy めいみでした。
イタリア&パリ旅行 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »